今は「バブルの再来」なのか?SNS全盛の今、気を付けるべきポイントとは?

今は本当に「バブルの再来」なのか?

最近、よく「バブルの再来」と言われます。

  • 株価がバブル以来の高値を記録
  • 求人数が求職者数より多い
  • 土地評価額が上昇
  • 前年比・所得が上昇
  • オリンピック景気に沸く日本

…などなど、たしかに景気のいい話がニュースや新聞で語られています。

  • 高校ダンス部のバブルダンス(もう懐かしいけれど)
  • ファッションにもバブル時代のような兆しがある

…たしかに!

でも、実感としてはほとんどの人が「???」でしょう。

バブルの頃、証券会社の窓口にいたわたしは、絶対違う!と断言できます。

バブルの頃の投資家は、もっともっと「うかれて」た。

  • 日本の株が下がるはずはない
  • 儲からないはずはない
  • 投資しない人はバカ

信じてた

そして、その考えが、投資家だけではなく一般の人にまで広がった

…というのがバブル最盛期

そして、バブルが突然はじけてしまったのがバブル崩壊

インターネットは玉石混交

新聞を読む人も少なく、テレビも見ない。

情報はネットのニュースで気になるものだけ、という人も多い現代。

ネットで流れてくる気になる情報やSNS、ブログで情報収集…という人も。

その情報は、どこかのコピペスクリーンショットをはったもので溢れています。

詳しくもない人が聞きかじりで書いたものかもしれません。

SNSの強みは、どんどん拡散することですが、

自分の考えではない、コピペやスクショばかりの投稿では、魅力がありません。

すでに盛り上がっている情報は、バブル最盛期みたいなもの。

すぐにはじけてなくなります。

SNS、ブログ発信のポイント

あなた自身が書いたものでなかったとしても、
シェアした投稿やコメントしたものが誤りだったり、問題のあるものだったとしたら?

場合によっては、あなた自身の評価まで下げてしまうことになるかも。

また、あなたがもし自分の発信メディア(サイトやブログなど)で発信なさっているのなら、

  • 自分で体験したこと
  • 自分が選んで紹介したいもの
  • 自分で考えたこと
  • 自分が伝えたいこと

をぜひ伝えていくようにしましょう。

そうすることで、
あなたの魅力をもっともっとたくさんの人に伝えることができます。

「いいね!」や「お友達」「フォロワー」の数を競うより、
ずっとずっとあなたの力になるはずです。

関連記事

  1. SNS時代を勝ち抜くために必要なたった2つのこととは?

  2. 集客できるSNSにするなら、プロフィールは命です!

  3. お客さまを行動に導くAISAS(あいさす)って何?何の略?

  4. ネイリスト画像

    サロン経営者のみなさん、新規客獲得ばかりに必死になっていませんか?

  5. 「ググる」はもう古い?!「今の若い子は検索しないんです」の衝撃

  6. (自撮りしている女性の写真)

    女性起業家にはやっぱりセルフィ―(自撮り)!

  7. 2017年広告費:インターネット広告の伸びは予想通り堅調、意外なものが…

  8. SNS別・投稿のポイントとは?

メール講座・登録フォーム

最近の記事

  1. google+画像
  2. エステイメージ画像
  3. ブログ画像

おすすめ

  1. SNS

    Instagramが変わった!インスタで投稿をシ…
  2. Web集客

    ブログ画像
    WordPressを選ぶべき「7つの理由」をお話…
  3. SNS

    インスタで集客はできないって、誰が言ったの?
  4. IT知識

    知らないうちに法律違反?!の危険性・著作権問題
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。