「ドメイン」とは?:知っておきたい専門用語

ドメインとは何か

よく聞くけど実はよくわかってない専門用語、今日は「ドメイン」を解説します。

インターネットを見る時、このドメインは大きな役割を持っています。

例えば、Yahoo!の場合、赤枠部分(アドレスバー)には

https://yahoo.co.jp が表示されています。

このうち、yahoo.co.jp がドメインです。

ブラウザ画像

ドメインはインターネット上の住所」のようなもの。

世界中にたったひとつです

ドメインを手に入れるのは、早い者勝ち!

もし、あなたが将来、自分のサイトやブログを持つ予定があるのなら、
ドメインを取得しておく…というのもいいでしょう。

今ご覧いただいているページのURLは http://sns-doctor.com

このドメインは、sns-doctor.com

.com .info .net .org .tv .work .tokyo .shop

など、末尾に表示される文字には数百もの種類があります。

どのくらいお金がかかるの?とよく聞かれますが、

このドメイン(末尾文字部分)によって、数百円~数千円と、かなり幅があります。

また、どれがいいの?という質問もよくうけます。

末尾の文字より、その前の部分を優先しましょう。(わたしのURLでいうとsns-doctor)

いちばん一般的で、よく見かけるのは「.com」価格も手ごろです。

迷ったら、これがおすすめです。

日本の法人しか使えないのは「.co.jp」

この取得には、法人格があることを証明する書類の提出が必要です。

ドメインを取得するとできること

ドメインを取得数メリットは、主に次の2つ。

その1
取得したドメインでサイトやブログを持つことができる。

その2
そのドメインでメールアドレスを作ることができる。

現在まだ「その1」に興味がなくても、「その2」にもメリットがあります。

インターネット接続会社(プロバイダ)から提供されたメールアドレスや
携帯会社からのメールアドレスは、契約する会社を変えたら使えなくなります。

名刺に載せているアドレスも、その都度変更する必要がある…というのが困りもの。

gmailなどのフリーメールは、セキュリティチェックで届きにくかったり、

信頼度が低い…という点が気になります。

でも、自分のドメインなら大丈夫!

ドメインはたったひとつ、自分だけのもの

あなたにピッタリのドメイン、探してみませんか?

わたしは「ムームードメイン」でドメインを取得しています。


関連記事

  1. WEBサーバーとは?:知っておきたい専門用語

  2. 専門用語に挫折しそうになった時の対処法とは?

メール講座・登録フォーム

最近の記事

おすすめ

  1. IT知識

    「ドメイン」とは?:知っておきたい専門用語
  2. IT知識

    知らないうちに法律違反?!の危険性・著作権問題
  3. Blog

    女性起業家こそ知っておきたいマーケティングノウハ…
  4. ランディングページ

    ランディングページとは何なのか?知っていますか?…
    • LP
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。